クレジットカード利用案件をAmazonを使ってお手軽にこなす。

クレジットカード利用案件をAmazonを使ってお手軽にこなす。

Bon nuit ! madokaだよ!

以前の記事で、ポイントサイトを経由してクレジットカードを発行した際の利用条件を満たすにはAmazonがお手軽だよ!っていうお話をしました。

今回はその具体的な手順です。
といってもAmazonで買い物するだけなのでとっても簡単です!

MUFGゴールドカード(AMEX)発行後5000円以上の利用で10000円相当のポイントをゲット!

え?タイトルと画像の内容が違うって?
そう、madokaちゃん控えを取ってなかったんだよ・・・・こういうことにならないよう、ポイントサイトでクレジットカード案件に申し込んだらしっかり控えを取っておこうね・・・。

実際に今回使うカードはこちら。

Amazonで5000円分のギフトコードを購入すれば条件クリア

まず、上記案件の条件です。

【獲得条件】 初回クレジットカード申込み後、45日以内のカード発行+入会月の翌月末までに合計5,000円以上のカード利用
対象カード:MUFGカード・ゴールド

madokaちゃんの場合3月に申し込み、4月に発行となったので5月中に5000円以上の利用で条件クリアとなります。
5月末までに5000円以上の利用で1万円相当のポイントがいただけるというわけです。

実際の手順

Amazonに行き「ギフトコード」と検索しましょう。
あるいはこちらのリンクから飛ぶこともできます。

上記リンクを開くと1万円のEメールタイプのギフト券のページが開きます。
その右下部分に「金額を入力」という任意の金額を入力スペースがあります。

こちらにクレジットカード案件の利用条件の金額を入力します。
今回の私の案件は5000円の利用なので一つ左の¥5000をクリックしてもOKですね。

その後下の入力欄を埋めていきます。
配送はEメールにして受取人に自分がAmazonに登録してあるアドレスを指定することによって、自分が購入したギフトコードを自分のアカウントにチャージすることができます。

受取人に自分のアドレスを入力したら、以降の入力欄はそのままでOKです。
自分のアカウントにチャージするだけなので送信日も「すぐ送信する」にしておきましょう。

それでは右上の「今すぐ購入」よりレジに進みます。

今すぐ購入にいくと以下の画面が開きます。

今回は新しく発行したカードを使うので、支払いオプションより「カードを追加」を選びます。

すると上記画面になるのでカード情報を入力します。
カード番号にハイフン、半角スペースは不要です。

これでクレジットカードの登録は完了です!
決済を確定する前に、今の登録したカードにチェックが付いているかどうかはしっかり確認してください。

決済に進むと請求先住所の入力画面になります。
ここは自分が登録してある住所にしておきましょう。

お疲れさまでした!
「注文を確定する」をクリックしてギフトカードの購入は終了です。

購入したギフトコードをAmazonアカウントにチャージする

購入後数分で宛先に設定したアドレスにギフトコードが届きます。
連続で購入した場合や高額な購入をした場合、不正な利用でないかチェックするために数十分から1時間遅れることがあります。

アカウントに登録するをクリックすると

このような画面が開きますので「アカウントに登録する」をクリックすれば完了です!
ギフト券番号は開いた時点で入力されています。

普段Amazonを利用しているものとは別の端末で開くなどした場合、別途ログインが必要な場合があります。

以上で完了です!

Amazonギフトコードを購入するメリット

利用条件の期限の実質的延長

「○○円を〇月末までに利用」という条件の時間的なリミットが限りなくなくなります。
「5000円分の欲しいものもいまは思いつかないけどAmazonは日常的に利用している」という場合、Amazonギフトコードを購入してアカウントにチャージしてしまえば有効期限は購入時(厳密にはメール送信時)から10年です。

これによって一度アマゾンギフトを購入してアカウントにチャージしておけば使い勝手がよくなります。

Amazonギフトの現金化も可能

クレジット枠の現金化にあたるためあまり褒められた行為ではないのですが、「Amazonは使わないけれどポイントは手に入れたい」という場合に選択肢に入るかもしれません。

具体的にはAmazonでギフトコードを購入した後、自分のアカウントに登録する前に買い取り業者に依頼して現金化する手段があります。

こういった買い取り業者に依頼することにより購入したギフトコードを登録することなく現金化することも可能です。

ただしデメリットとして

  1. そもそもクレジットカードの利用規約に違反するのでバレた場合ペナルティを受ける可能性
  2. 業者次第で価値が90~80%に目減りする

というものがあります。

あくまで自己責任で、こういった方法もある程度くらいに思っておくといいと思います。

金銭的にも規約的にもmadokaちゃんはオススメしません。

まとめ

お手軽にポイントサイトのクレジットカード案件をクリアしよう、という記事でした。
今後の展開としてAmazonギフトコードの利用は対象外、とされる可能性もなくはないですが、今のところ問題ありません。

この利用法を使ってポイントの取りこぼしがなくなればと思います。

それではBon soiree !

モッピー!お金がたまるポイントサイト