マルセイユで生活していて思うこと。

マルセイユで生活していて思うこと。

madokaだよ。

7月下旬にこっちに来てから気が付けばもう半年たってるんだけど、長いような短いような・・・?

意外と長いと感じているかもしれない。

当然日本と環境が全く違うから、新鮮なことばかりだし。

日本からフランスに引っ越して、素敵なことばっかりなんだろうというイメージを持つ人は多いと思う(うちの妻とか)けど、

声を大にして言いたい。

町の中汚いしいろいろ不便ですよ。

実際の感想

良いところ

  1. どこでもクレジットカードが使える。
  2. バス、トラム、メトロのチケットが共通、回数券制。
  3. 八百屋、魚屋、肉屋、総菜屋、パン屋などの小売店が多い
  4. ワインが安い。
  5. 野菜の種類が豊富、そして安い。
  6. 羊、うずら、(ニワトリの)ひな鳥、鴨とか売ってる。
  7. 牡蠣が安い。

なんか概ね食べ物の話になってしまった。

まぁいっか。

どこでもクレジットカードが使える

ほんとどこでも使えます。

スーパー、レストランはもちろんのこと、メトロの切符とか、トイレの支払いとか。

たまにパン屋とかだと10EUR以上じゃないと受け付けませんとか書いてるからそこだけ注意。

バス、トラム、メトロのチケットが共通、回数券制。

マルセイユ市内だとRTMという会社が運行してます。

全部タッチ式、チャージ可能。

30分以内であれば乗り換えにも対応。

日本のJRにあたるSNCFはTGV(新幹線のようなもの)しか利用したことがないのでわかりません☆

八百屋、魚屋、肉屋、総菜屋、パン屋などの小売店が多い

商店街、というほど密集はしてないですけど通りに面していろんな小売店があります。

スーパーももちろんあるよ。

ワインが安い

さすがワインの国。

野菜の種類が豊富、そして安い。

日本にはないようなお野菜がとっても安いです。

根セロリとか、アーティチョークとか。

洋食で使う野菜が安いのでとっても良い。

その代わり、ゴボウとか売ってないし、大根はあるけどおいしくない。

白菜はchou chinois(中国のキャベツ)って名前で売ってる。

クォリティは日本と変わらないかも。

羊、うずら、(ニワトリの)ひな鳥、鴨とか売ってる。

やっぱり肉食メインの文化ですね。

羊おいしい。

牡蠣が安い。

悪いところ

  1. とにかく、とにかく町が汚い。
  2. バスの運行がずさん。
  3. 手続きに時間がかかる。
  4. 宅配便にあたるものが雑。
  5. 運転が荒い。
  6. とりあえず病欠したがる。
  7. 日曜日は休みのお店が多い。
  8. 外食が高い。

とにかく、とにかく町が汚い。

とりあえずまずこれ。

犬のフンが至る所にあるし、あちこちごみ落ちてるし、道路は狭いし、ガムはあちこち落ちてるし。

とにかく汚い。

田舎に行けばいいんだろうけどね・・・。

バスの運行がずさん。

終点と始発が逆になってるバスをよく見ます。

観光客からしたらたまったもんじゃないだろうね。

手続きに時間がかかる。

銀行口座の開設に10日かかるし、

インターネットの開設に至ってはキットの到着に1週間、

回線がつながるまでに2~3週間。

土日に仕事しないスタンスなのはいいけども、もうちょっと早くしてくれても・・・。

宅配便にあたるものが雑。

在宅でも不在通知いれて帰られるのがしょっちゅう。

提携してるお店なりLa Poste(郵便局)にとりに行かないといけない・・・。

運転が荒い。

急発進急停車はあたりまえ。

ブレーキランプ壊れてるかもしれないから信用しちゃだめだし、ウインカーも同様かもしれない。

とりあえず病欠したがる。

なにかにつけてすぐ休む。

もちろん個人差あるけどね。

日曜日は休みのお店が多い。

日本の感覚で言えば、です。

働いてる人は家族と過ごせていいと思う。

大型ショッピングセンター、デパートくらいは開いてます。

スーパー、食料品店ははだいたい午前中まで。

外食が高い。

日本の感覚で言うと、えっこれがこの値段?ていうくらい高い。

付加価値税TVAが20%もあるせいかも。

ものによって税率が違うけど、とりあえず外食は高い。

マックで800~1000円はザラ。

結論

住めば都と言いますし、実際住んでて問題なく過ごせてはいるのですが、

とりあえずなによりやっぱり町が汚い

フランスに行くときは過剰に期待しすぎない方がいいよ。

というお話。

 

 

あーでもドイツとの国境のストラスブールは奇麗だったな・・・。

マルセイユだからか・・・(パリも汚かったけど)