ソニー銀行は海外在住者にオススメなネットバンクです。

ソニー銀行は海外在住者にオススメなネットバンクです。

Bonne soirée ! madokaだよ!

madokaちゃんのメインバンク、ソニー銀行さんのご紹介記事です。

海外で生活していて日本に送金の必要がある人(仕送り、日本で発行したクレジットカードの支払い等)にお勧めのネットバンクです。

使い方次第では現地の銀行のデビットカードのように運用できます。

居住地の都合上、ヨーロッパ、とくにフランスに居住している方を対象にした内容になっているかもしれません。
ご了承ください。
しかしそれ以外の海外の地域でも十分メリットがあるお話と思います。

まず最初に、ソニー銀行とは

ソニー銀行株式会社は、ソニーフィナンシャルホールディングス傘下の新たな形態の銀行。通称:ソニーバンク。 2001年4月2日に、ソニー、三井住友銀行などの出資により設立。同年6月11日より事業を開始。銀行取引提供サイトの名称は、「マネーキット」。 ウィキペディア

名前の通り、PlayStationで有名なSONY傘下のネットバンクです。

実際の店舗がないネットバンクの中でも、店番号001の本店営業部しかないという点でちょっと変わってます。
我々利用者には特にデメリットもないですが(むしろ店番号覚えやすい)

取扱商品

こちらのページよりご確認いただけます。

  • 円預金
  • 外貨預金
  • 仕組み預金
  • 外国為替証拠金取引(FX)
  • Sony Bank WALLET
  • 投資信託・NISA
  • Sony Bank GATE
  • 株式・債権
  • 住宅ローン
  • カードローン
  • クレジットカード
  • 目的別ローン
  • 保険

取扱商品はたくさんありますが、そのなかでも海外在住者にオススメなサービスについて解説したいと思います。

ソニー銀行で口座を開設すれば、日本円だけでなく外貨も扱える。

上記の画像はiOSのソニー銀行アプリです。
金額表示するのもどうかと思ったけど別に全財産ってわけでもないし分かりやすいからいっかぁ・・・ってなりました。
残高照会のタブに、日本円とは別に外貨(私の場合はユーロ)の欄があるのがお分かりいただけると思います。

ソニー銀行の口座を開設すれば、10種類の外貨口座も開設することができます。
もちろん無料ですし審査等もありません。

ソニー銀行で口座開設できる外貨の種類

扱っている通貨は全12種類です(2018年4月現在)こちらのページ

ソニー銀行で口座を開設すれば日本円に加えてこれらの外貨口座を持つことが可能です。

Sony Bank WALLETを使えば外貨口座から手数料無料で支払いに充てることができる。

ソニー銀行はVISAのシステムを利用したデビットカードを扱っています(通常のキャッシュカードとしてATMで現金を引き出すことも可能です)

外貨口座に預金を持っておけば、手数料無料で外貨口座の預金から支払いに充てることが可能です。

それってなにがすごいの?

通常、日本国内で発行されたクレジットカードを使えば為替手数料1.30%~2.00%(国際ブランドによる)というものが、使った金額に対して請求されます。

例えばヨーロッパの場合、クレジットカード利用者(=我々)はユーロで支払いをするので、クレジットカード会社は利用店舗に対してユーロで支払いをすることになります。
しかし我々利用者はクレジットカード会社に対して日本円で利用代金を支払っています。

この日本円→ユーロに換金する手数料というものが為替手数料です。

しかしSony Bank WALLETを使い、その外貨の預金があればこの為替手数料が無料です。

レストランで100.0ユーロ(≒13,000円)請求された場合、通常のクレジットカードの場合実際に支払う金額は101.3~102.0ユーロ(≒13,169~13,260円)となります。
これに対してSony Bank WALLETで支払えば手数料無料ですのでそのまま100.0ユーロ(≒13,000円)の支払いになります。分かりやすくするためと投稿時のレートを鑑みて1ユーロ=130円で計算しています。

少ない金額に見えるかもしれませんが、日常的にカードで支払いを済ませるヨーロッパではバカにならない金額です。

ちなみにSony Bank WALLETを使ってATMで現地通貨を引き出した場合

ATMを使って現地通貨を引き出す場合、上記の手数料がかかります。
幸い欧米はクレジットカード、あるいはデビットカードが普及しているのでほとんどの店舗で利用することができます。

現金の引き出しは最小限にとどめてSony Bank WALLETを使えば余計な出費を抑えることができます。

余談ですが、ヨーロッパでは自販機はもちろん駅などのトイレの利用料、レストランでのチップなどもカードで支払うことができます。
特にこの傾向は観光地で顕著です。
(チェコのプラハに行ったときは現地通貨のチェココルネですらなくユーロ決済が普通にできました)
観光で海外の主要国に行く際はSony Bank WALLETがあればほとんど困ることはないと思います。

ただし人民元とブラジルレアルは対象外

上のほうで12種類の外貨口座を持てると書きましたが、その中に含まれる中国の人民元とブラジルのレアルに関しては外貨に預金を持っていたとしても所定の手数料がかかります。
ご了承ください。

12種類の外貨ー人民元とブラジルレアル+日本円=11通貨の預金口座と連動、です。

外貨口座に預金がなくても日本円預金から自動で支払いに充ててくれる「円からアシスト機能」

現在のmadokaちゃんの口座のように、ユーロに残高が0の場合にも決済に使うことができます。
この場合は日本円から自動的に補填され、所定の手数料がかかります。

ただしこの場合の手数料も特に高いわけではなく、かかる手数料は外貨を購入する手数料と同じです。

海外旅行に行く予定がある場合、円高ではあれば事前に外貨を購入しておく、そうでなければこの「円からアシスト」を利用するのもありだと思います。

海外被仕向手数料無料

文面だけ見るとなんのこっちゃ?という感じですが、海外からの送金の受取手数料が無料ということです。

まずこちら。フランスのSociété Généraleという銀行のアプリ画面です。

赤〇「-1 900,00 €」という金額ですが、これはソニー銀行宛に送金した履歴です。

そしてこちらの赤〇はソニー銀行に着金したときの金額です。

1900ユーロ送金して1900ユーロ着金しているというのがお分かりいただけると思います。

通常メガバンクですと2000円前後かかる着金手数料が無料です。

madokaちゃんの場合お給料をいただくごとに送金しているので、仮に2000円/1月かかるとした場合14,000円/年です。
14,000円あったら結構いろいろ買えるよ!?

着金手数料ではなく送金手数料がかかる銀行もあるようです。
これは銀行によるようですが、手数料を払うのを送る際か受け取る際かに選べる場合があります。
この場合受け取る場合(=ソニー銀行に着金)とすると無料で受け取れます。

リフティングチャージ問題

これについてもmadokaちゃんの場合該当しません。

(送金銀行) → (中継銀行) → ソニー銀行

というように中継銀行を挟む場合別途手数料2000円~2500円を取られることがあるようです。

海外被仕向送金手数料外貨手数料からの手数料無料支払いの威力。

ここがこの記事の本題です!

海外被仕向送金手数料”+”外貨手数料からの手数料無料支払い”を使うことによって外貨を日本国内の口座に置いたまま海外での支払いに充てることができます。
海外からの送金が着金したら、必要な分だけを日本円に変えてそれ以外を現地通貨として残しておけば、手数料無料で使うことができます。

つまり、海外で手数料無料で使うことのできる外貨預金と、必要になれば日本円に変えることのできる外貨預金、を同時に一つの銀行で持つことができます。

だったら現金のままあるいは現地の口座にユーロで持っておけばいいじゃん、と思われるかもしれません。
必要に応じて日本円に換金できるという自由度がポイントです。
もちろん売却時の手数料はかかります。
 海外で生活するとしても、ある程度の日本円は必要です。

日本国内で契約したクレジットカードの年会費(陸マイラーなので)、ポイントサイトでのクレジットカード発行案件を達成するための利用金額(陸マイラーなので)、クレジットカードのキャンペーンでマイルを貰うための金額(陸マイラーなので)、生命保険料の支払い、休止手続きをした携帯プロバイダの維持費、Amazonプライムの年会費、などなど日本円が必要なことって結構多いです。

外貨でも日本円でも使える資産は魅力

今回の記事のまとめです。

海外で働く以上は現地の通貨で報酬をいただいているかたも多いと思いますが、ソニー銀行を使えばその使い勝手は各段に上がります。

ソニー銀行を使ってもそれ以外の銀行を使っても、外貨を日本円に替える時点で手数料は少なからず発生します。

しかしソニー銀行を使えば着金手数料無料、外貨のまま決済に使用すれば為替手数料無料というメリットを受けることができるのです。

では、ソニー銀行の口座を開設したいです

ソニー銀行の口座をお得に開設するには?っていう記事を作る気満々だったわけですが、ソニー銀行はアフィリエイトASP、ポイントサイト等に案件を掲載していません。

加えて、報酬目的の勧誘活動も禁止しています。

現実世界?の知り合いを対象とした紹介システムはありますが、1500円/1人で5人/1か月の制限付きです。
紹介された側は口座開設翌月末に30万円以上の預金で3000円ゲットです。

他の銀行とくらべると圧倒的に厳しい条件だと思います。
しかし逆に考えると、そこまで紹介得点に経費を使い会員数を増やさなくても利益を上げられるビジネスモデルだということもできます。

ということで、ソニー銀行のまとめ

ここまで長々と書いてきましたが、当サイトを経由してソニー銀行を開設することで私にメリットは全くございません。

公式サイトからお申し込みください。

実際に自分が使っていて便利だということ、PlayStation大好きのSony信者の立場として書かせていただきました。